災害に強いLPガス

復旧が早く、避難所でも活躍するLPガス

LPガスは災害に強いガスです

近年、各地で地震などの大規模な災害が続いています。
どの被災地においてもライフラインの早期回復が課題となりました。LPガスは避難所などですぐに対応できることや、いち早く復旧できる点で多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。その実績からさまざまなところで、LPガスは「災害に強い」ことが実証されています。

復旧も早く、避難場所での生活を支えるLPガス。

LPガスは、各需要家ごとに個別に供給可能な「分散型エネルギー」なので、災害発生時にガスの供給が遮断された場合も、個別に調査・点検を行うことで 都市ガスや系統電力に比べて相対的に早く復旧させることができます。

また、通常の場合、家屋の横にLPガス容器が2本設置されており、言わば軒下に在庫がある状態となっているので、1本目が切れても、2本目で1か月以上ガスを使い続けることができます(50kg容器×2本の場合)。

そして、緊急時のエネルギー源として、避難所や仮設住宅等にも迅速に供給することができます。

  • LPガス:分散型エネルギー

    ●配管が短いため、異常があれば即修理可能

    ●1戸単位で安全を確認し復帰可能なため、復旧までの時間が短い

  • 都市ガス

    ●数百個、数千個単位で埋設配管等の安全確認が必要なため、復旧に時間を要する

ページ先頭へ